コエンザイムQ10にお肌若返り効果が!<アンチエイジング・抗酸化>

突然ですが、こんなこと思ったことはありませんか?

 

「あの人と同じ年齢なのに、なぜか私のほうが老けて見えるのは何が違う?」
「こんなに頑張ってケアしてるのに、年々シワが増えてく・・・」

 

「やっぱり、年齢には抗えないのかな」

 

これは、私がずっと思っていることでもありました・・・。

 

でも、この悩みの原因を「コエンザイムQ10」が解決してくれたのです。

 

コエンザイムQ10には様々な効果・効能がありますが、そのうちの一つに「抗酸化作用」があるんですよ。

 

ではその「抗酸化」は何なのか?どんな作用があるのでしょうか?
ここでは、肌のアンチエイジングには必須のコエンザイムQ10の仕組みや摂取の方法について、詳しくご説明します。

 

肌の「アンチエイジング」って?

まず、皆さんに質問です。

 

「アンチエイジング」の意味を知っていますか?

 

言葉を辞書で引くと・・・「抗老化」とでてきます。
つまり、一言で説明すると老化に抵抗する、ということになります。

 

人間は生きていく限り加齢によって老化していくのはごく自然なこと。
この流れをできるだけ緩やかにする、というのが美容や健康面で使用する「アンチエイジング」の意味になります。

 

ちなみに、人が相手の年齢を推測する時に、見る身体の部分は「顔」、「手」、「首」。
この部分にシワやくすみが増えると老けて見えると言われています。

 

老いていくのは仕方のないことですし、皆同じように歳をとっていきます。
でも、その老いていくスピードは人によって違いますよね。

 

なぜそのような違いが起こるのでしょうか?

 

その答えは「酸化」にあります。

 

肌が老化する原因は「酸化」

 

酸化するってどういうこと?

老化の原因として最近よく耳にする言葉の一つに、「肌の酸化」というのがあります。

 

人間は呼吸をすることにより酸素を常に取り入れていますが、人間の体内に入り込む酸素のうちの約2%が強い酸化力を持つ「活性酸素」というものに変化します。

 

この活性酸素、名前だけ聞くと悪いことばかりしそうな名前に聞こえますよね。
でも実はウイルスや細菌を攻撃する大切な役目を担っています。

 

ただ、時として正常な細胞や遺伝子までもをやっつけてしまう場合があるのです。

 

活性酸素は非常に毒性が強いため、体内を巡りながら触れたものを次々に破壊していきます。
これが肌の老化に関係していきます。

 

また、活性酸素が細胞に触れると、細胞の周りを覆っている細胞膜の脂質を酸化させてしまいます。

 

ご家庭の食用油でも、ほったらかしにしていると茶色く変色したりしますよね?
また、金属が長い間空気に触れていると錆びてきたりしますよね?

 

あれと同じです。

 

そう、活性酸素は時として体を錆びさせてしまうのです。

 

錆びてしまった細胞は栄養分のとり入れや老廃物を排出するはたらきが衰えてしまうため、これが老化の原因になってしまうのです。

 

酸化で肌に現れる3つの老化現象

では、活性酸素により肌が老化してしまうと具体的にどんなことが起こってくるのでしょうか。
恐ろしいですが、見ていきましょう。

 

1. 肌に必要な「うるおい成分」を変質させてしまう

活性酸素は、肌のハリや弾力を保持するために必要なコラーゲンエラスチンを錆びさせてしまいます。

 

コラーゲンやエラスチンが不足すると肌に必要な水分量が足りなくなり、弾力を失うことでしわ・たるみをまねく原因になります。
特に、紫外線を大量に浴びると活性酸素が大量に発生し、シワやたるみを引き起こすのです。

 

2. 細胞を傷つけて肌の老化を進める

活性酸素は、細胞の核であるDNAを傷つけて正常な新陳代謝を滞らせてしまいます。

 

DNAとは、細胞の遺伝子情報を持っている、いわゆるカラダを作るための司令塔。

 

これが傷ついてしまうと正常な細胞の生成や新陳代謝が行われなくなってしまいます。
古い細胞が代謝されず、新しい細胞の生成がうまく行われないと、古くなった細胞がそのまま肌に留まってしまい、硬くなってしまいます。

 

このため肌がどんどん老化していき、シワ・たるみ、またくすみなどの原因となるわけです。

 

3若々しい肌に大敵「過酸化脂質」を増やす

活性酸素が肌の皮脂分を酸化させる、というお話は先ほどしましたよね。
では、酸化した皮脂分がお肌にたくさんあるとどうなるのでしょうか。

 

酸化した皮脂は、過酸化脂質という肌にとって刺激の強い物質に変化します。

 

この過酸化脂質は肌にとって大切なうるおい成分であるヒアルロン酸を破壊します。
ヒアルロン酸が減少すると肌の潤いが減り、小じわや毛穴の開き、毛穴のたるみを引き起こす可能性があります。

 

また、厄介なことにこの過酸化脂質というのは、一度肌に留まると自分で勝手に排出してくれないのです。

 

そのため、いつまでも肌に居座り続けて肌を痛め続ける怖い物質なのです。

 

肌が酸化する6つの原因

では、活性酸素はどんなことをすると体内で増え続けていくのでしょうか。主な原因を挙げてみました。

1. 呼吸

私たちが普段呼吸をすることで酸素を体内に取り入れていますが、体内で酸素と栄養素が結びついてエネルギーとなる際に、このうちの2〜3%はどうしても活性酸素となってしまいます。

 

燃えカスでた、と考えると分かりやすいですね。

 

息を止めるなんてことできないので、他の部分で対策をするしかないようです。

 

2.無酸素運動などの激しい運動

先ほど呼吸により活性酸素ができてしまうと述べましたが、激しい筋トレなどのいわゆる無酸素運動をすると一旦筋肉の血が足りない状態になります。

 

その後に一気に血液が流れ出し、この時に大量の活性酸素を作り出してしまうのです。

 

3.身体に害のある物質

  • 車などの排気ガス
  • PM2.5などの大気汚染
  • 野菜に残っている残留農薬
  • たばこの煙に含まれる物質

 

これらを取り込むことで活性酸素を大量に作り出してしまうことがあります。
特に喫煙者は老化がとても早いので、肌のことを考えるならば禁煙をおすすめします。

 

4. ストレス

人間のカラダにストレスがかかると、それに対抗しようとして副腎皮質ホルモンが分泌されます。
これが活性酸素を大量に発生させてしまう原因となります。

 

また、ストレスのたまりやすい人は高血糖にもなりやすい傾向があるため、高血糖も活性酸素を増やす原因となります。

 

5. 大量の紫外線

私たちのカラダは紫外線を浴びると、その害から身を守るために活性酸素を作ります。
先ほども少し述べましたが、活性酸素は様々な害からカラダを守るために本来必要なもの。

 

しかし一度に大量の紫外線を浴びると活性酸素が大量に増えてしまい、本来健康な細胞を傷つけてしまうのです。

 

よく「紫外線を浴びるとシミができる」と言いますが、厳密にいうと紫外線を浴びる→活性酸素が大量発生する→防ぎきれずに残った活性酸素がメラニンを増やす→シミになるというわけなのです。

 

6.飲酒

お酒をたくさん飲むとアルコールを分解しようと肝臓がフルスロットルで働きだします。
この肝臓というものは、人間の臓器の中でも特に酸素を必要とします。

 

割合としては、呼吸によって取り入れた酸素の30%〜50%ほどを肝臓で使用します。
酸素を大量に使用する=活性酸素も生み出しやすい、ということなので、過度のアルコール摂取は活性酸素を生み出しやすくなります。

 

コエンザイムQ10の効果<抗酸化>

コエンザイムQ10の効果-抗酸化作用

では、本題です!

 

抗酸化作用とは、この活性酸素に対抗する作用のことで、増えすぎた活性酸素を分解・除去することによって、体の老化現象を食い止める働きのことを言います。
このため、抗酸化作用は、アンチエイジング作用とも言われるのです。

 

コエンザイムQ10の作用

コエンザイムQ10は、体内の活性酸素が増えすぎた状態に敏感に反応し、体の酸化を防ぐ働きを持っています。
ですが、コエンザイムQ10の働きはそれだけではありません。

 

他に抗酸化作用があるものとしてビタミンEがよく知られていますが、ビタミンEは、活性酸素を分解した後に自分自身が酸化を促進させる性質に変化してしまうという特徴があります。
コエンザイムQ10には、この性質が変わってしまったビタミンEを元に戻す性質があるのです。
こうして、ビタミンEはまた酸化を抑える働きを行うことが出来るようになります。

 

若返りには必須のコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は年齢と共に減少する

コエンザイムQ10は、体内でも生成されていて、体の老化防止に役立っています。
しかし、その生産量は年齢と共に減少していくのです。

 

体内のコエンザイムQ10は、20歳頃をピークに減少していき、40代を超えると急激に減少速度が速まります。
40代ごろから体の老化が始まるのはこのためと言っても過言ではありません。

 

体内のコエンザイムQ10が減少するのは、体内の生産量が減ることと、加齢によってエネルギー消費量が増加することが原因と考えられます。
そのため、加齢によって減少したコエンザイムQ10を摂取するサプリメントに人気があるのです。

 

まとめ

コエンザイムQ10の効果のひとつである、抗酸化作用について、詳しくご説明いたしました。
いかがでしたか?

 

年齢とともに減っていくコエンザイムQ10。
サプリメントをうまく使って、効率よく摂取していきたいですね!

 

毎日飲み続けることに意味があるサプリメントは、すぐには効果は出ませんが、何か月・何年と続けると着実に効果が出ます。
何年か後に、サプリメントを飲んでいた人と飲んでいなかった人では大きな差が出ることでしょう。

 

実際に私はコエンザイムQ10を飲み始めてから、お肌がみるみる若返りました!

 

最近、年を取ったと実感している人にこそ、試していただきたいコエンザイムQ10です。
あのとき続けていればよかった...と後悔しないためにも、今始めましょう。

 

効率よくコエンザイムQ10を摂取できるサプリメントのランキングはこちら!↓↓↓

コエンザイムQ10ランキングはこちら

 

ちなみに、管理人がおすすめするのはこののサプリメントです!

コエンザイムQ10を摂取するのにおすすめ!「ステラの贅沢CoQ10」

ステラの贅沢CoQ10

 

「ステラの贅沢CoQ10」は、普段からCoQ10の摂取をするのにおすすめしたいサプリです。
コエンザイムQ10は身体に吸収されやすい還元型で、2粒に104mg配合されています。
CoQ10以外にも、不足しがちなビタミンやミネラル、必須アミノ酸などが摂れるローヤルゼリーが配合されていたり、美容効果の高いアスタキサンチンも含まれているので、健康維持の他、美容や疲労回復にも最適です。


ステラの贅沢CoQ10公式サイトはコチラ!